MMDのblogあかとんぼ(akatonbo)のMMDに関するBlogです。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://akatonboaka.blog86.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【MME】書初めエフェクト(毛筆)①DL~お試し

   ↑  2012/01/22 (日)  カテゴリー: 書き初め
MMD+MMEで書き初めをしてみた
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13245117

筆でリアルタイムで字を書く、という
「MME書初めエフェクト」に挑戦してみたいと思います。

作成者は舞力介入Pさんです。
ありがとうございます(^▽^)

DL:アクセ・エフェクト(ver1.2)・pmm
DLしたファイルを早速解凍します。
「書き初めセット」

まずreadmeから読んでみます。

●内容
fude.x :筆アクセサリ(必須)
  テクスチャ:brush.png, wood.png
  エフェクト:fude.fx
paper.x:用紙アクセサリ(必須)
  テクスチャ:paper.png
  エフェクト:paper.fx
maker.x:筆先のモーフ方向を制御するためのマーカーアクセサリ
cover.x:筆アクセを細筆にする場合に使用する
下敷き.x
  テクスチャ:felt.png
文鎮.x
ink.png:墨の形状のテクスチャ
改造Model\弱音ハク(腕IK・手首分離).pmd:サンプル用改造モデル
サンプル(日進月歩).pmm:サンプルデータ。
ふむふむ。

せっかく同梱して頂いてますので、
付属のサンプルpmmを再生してみます。
MMDを起動し、サンプルpmmを画面へドラッグ&ドロップします。

「xファイルが見つかりません」
「アクセサリファイル(fude.x)が見つかりません
 fude.xの場所を指定して下さい(代替可)」


なんだってΣ(゜▽゜)

pmmは、アクセサリ・モデルが
データ保存時と同じ場所にないとエラーが出てしまうんですよね。

試しに、xファイルを「Accessory」フォルダ、
改造弱音ハク(腕IK・手首分離)モデルを「Model」フォルダへ入れてみます。

今度はどうかな?

「xファイルが見つかりません」
「アクセサリファイル(fude.x)が見つかりません
 fude.xの場所を指定して下さい(代替可)」


また出たΣ(゜▽゜)

強行突破しましょう。
「Accessory」フォルダの「fude.x」を指定!

「OK」

「xファイルが見つかりません」
「アクセサリファイル(paper.x)が見つかりません
 paper.xの場所を指定して下さい(代替可)」


ぎゃっ!Σ(゜▽゜)
今度はpaperか・・・。
「Accessory」フォルダの「paper.x」を指定!
「OK」

「xファイルが見つかりません」
「アクセサリファイル(marker.x)が見つかりません
 marker.xの場所を指定して下さい(代替可)」

「xファイルが見つかりません」
「アクセサリファイル(cover.x)が見つかりません
 cover.xの場所を指定して下さい(代替可)」

「xファイルが見つかりません」
「アクセサリファイル(下敷き.x)が見つかりません
 下敷き.xの場所を指定して下さい(代替可)」





えーん(´Д`。)
文鎮は2個使っていたみたいだよ


xファイルの読み込みは以上です。

またpmmを使うことを考え、
今の配置でpmmを出力し直して保存しておきます。
MMD左上「ファイル」→「名前をつけて保存」

早速pmmを再生してみましょう。

ふむふむ。
右手が筆に追随する感じ・・・。

ハクさんの右手はIKになっているのですね。
つまり、足と同じように勝手に地面にくっつくボーン搭載。
今回は筆にくっつけているのでしょうか。
そんなこと出来ました・・・よね?

書初めの動作は、主に
「右手IK」と「右腕アクセ」ボーンで行うようです。

譖ク蛻昴a_convert_20120122210624

右手IKを仕込むには、まず、モデルの改造から必要ですね~。
なるほどなるほど。

では、書初めエフェクトを使用してみましょう。

readmeより
>●使用方法
>・fude.xとpaper.xをMMDで読み込んでください。

はい^^)ノ
fude.xとpaper.xをMMDへドラッグ&ドロップします。

うーん
紙が白いのでよく見えません。
背景黒化してみます。

MMD「背景」→「背景黒化」
譖ク蛻昴a2_convert_20120122204529

紙の形を確認。
背景黒化のままだと、画面が目に痛いので
戻しておくことにします。

さて、筆を動かす方法ですが・・
今回はダミーボーンを使ってみます。

ダミーボーン読み込み
→モデル操作欄「カメラ・照明・アクセサリ
→アクセサリ操作欄「fude.x
→ダミーボーンへ「登録

譖ク蛻昴a3_convert_20120122205022

登録後はモデル操作欄を「カメラ・照明・アクセサリ」から「ダミーボーン」へ変更。
筆を動かしてみます。


今から、まず「線」を引いてみようと思います。

0フレーム目はそのままでいいかな・・
その場でフレーム登録します。

適当に30フレーム目ぐらいを選んで、
筆を少し移動させてフレーム登録します。

再生してみます。

・・・
Σ(゜Д゜)線が出来ない!

あ、紙に筆がくっついていませんね(´▽`)笑

じゃぁ、5フレーム目ぐらいで
Y軸を下げてみます。

筆が紙を突き抜けてはおかしいので
ズームしてよーく高さを調節します・・

譖ク蛻昴a4_convert_20120122210449

【お試し内容】
0フレーム目:初期地点
5フレーム目:Y軸のみ下げた
30フレーム目:初期地点から斜めに移動。筆のY軸は初期地点と一緒。

さ、再生してみましょう。
いざぽちっとな。

譖ク蛻昴a5-1_convert_20120122211553

ちーん

全然綺麗な毛筆ではない・・・。
ちなみに参考画像
譖ク蛻昴a5_convert_20120122211616

Y軸の動きと画像に書いちゃいましたが、
まぁY軸の高さのことです。

筆を持った手の動きって、結構ゆっくりですよね~。
そして、段々と後半スピードに乗って、
最後は止め、はね、はらい・・・と。

補間曲線も使って、もっとスムーズに書かないとだめですねこりゃ(ノ▽`)

つまり、
MMDで綺麗な毛筆字を書こうと思ったら、
綺麗な習字モーションと腕IK改造モデルが必要になるのだよー!
(たぶん)

以上^^)ノ
関連記事

(記事編集) http://akatonboaka.blog86.fc2.com/blog-entry-91.html

2012/01/22 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【MME】書初めエフェクト(毛筆)①DL~お試し

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。