MMDのblogあかとんぼ(akatonbo)のMMDに関するBlogです。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://akatonboaka.blog86.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【MME】MMEのパラメータ書き換えツール(便利品)

   ↑  2012/01/22 (日)  カテゴリー: MME
MMEは大変便利で多種多用です。
しかし、できる幅が広がった反面、
希望通りのエフェクトを作るには、パラメータいじりが大変そう・・・。

便利ツール、試してみようかな?
VPVP wiki MME用エフェクト
http://www6.atwiki.jp/vpvpwiki/pages/272.html (※一番下「エフェクトエディタ」欄)
VPVP wikiには、現在ツールは5つあります。

上3つは、それぞれパーティクル、ディフュージョン、フォグの専用書き換えツール・・かな。
パーティクルエディタは、過去に試したことがあります。
※過去記事: 【MME】SimpleParticleEditor(Fireのパラメータ調整用ツール)を使ってみる [2010/10/22]

下2つが色々なMMEで使えるツールのようです。
本日は、以下の2つのツールを試してみることにします(^▽^)
○MME編集ツール
○fxファイルかきかえまくりんぐツール

使用ツールの決定は、
私の好みと、いかに楽をさせてもらえそうかが決め手です(笑)

1 MME編集ツール
 作成者はgisupekeさんです。
 ありがとうございます(^▽^)

 早速VPVP wikiからダウンロード。
 75.zipを解凍すると、「fxinput」というファイルが出てきます。

 まずはreadmeを読んでみます。
 >MMEで用いるエフェクトファイルを編集するツールです。
 >ドラッグ&ドロップでfxファイルを開く事が出来ます。

 うんうん(^▽^)
 希望通りです!

 >アノテーションとして以下の記述がされた変数のみ操作を行います。
 > bool UIVisible = true;

 ・・・アノテーションとは?
 意味:wikipedia-アノテーション
 あるデータに対して関連する情報(メタデータ)を注釈として付与すること。

 ふむ~。
 とにかく、特定の文言を拾って操作が出来るようにしているのですね。
 文言が違う場合は操作出来ないので、
 直接fxの書き換えが必要なこともあるかもしれませんね。

 そういうこともあるかも、ぐらいに覚えておきます。

>アイコン絶賛募集中(笑)
 だそうですよ(^▽^)

 そのほかの情報にも軽く目を通し、
 早速実際に使ってみましょう~。

 ①fxinput.exeをダブルクリック 
 ②起動した本体へ、fxファイルをドラッグ&ドロップ
 ③操作

 基本は以上^^)ノ

 例として、本日は深度MMEの「XDOF.fx」をいじってみることにします。
 
 起動したfxinput.exeへ「XDOF.fx」をドラッグ&ドロップします。

 

 色を変更できるようです。
 バーを動かして、数値をいじることが可能です。

 赤紫色の四角いマスを、ダブルクリックしてみます。

 

 おおー(゜▽゜*)
 色パレットがでました!
 これは色を指定しやすいですね。

 もしこれをfxファイルのパラメータ書き換えで行う場合は、
 (0,0,0,0)の4つの数字をいじって、
 希望の色を探すことになるのかな。
 ふむ~ 少なくとも色決定は楽ちん出来そう・・。

 ちなみに、他のエフェクトなら色々なパラメータが出てくるかな?
 
 試しに、水面エフェクト(屋内用)から
 「MirrorWater_low.fx」をドラッグ&ドロップしてみましょう。

 

 あらま~(゜▽゜)
 これが特定の文言を拾えなかった場合でしょうね。

 ほうほう。

続いては、「xファイルかきかえまくりんぐツール」を使ってみます。
2 xファイルかきかえまくりんぐツール
 作成者sh5さんです。
 ありがとうございます(^▽^)

 ファイルダウンロードのリンクは「fxSlider2.zip」へ貼ってありますが、
 HPを漁りますと「fxSlider3.zip」と「fxSlide4.zip」を発見!

 ・・・4.zipにしちゃおう(^▽^)w
 ダウンロードし、解凍します。

 readmeは、主に更新履歴とsample(設定例)について。
 ふむふむ。

 では操作していきましょう。
 ①「fxSlider.exe」をダブルクリックで起動。



  分かりやすいですねw
  初心者向けのにおい・・・

 ②起動した本体へ、fxファイルをドラッグ&ドロップ
 ③操作

 こちらも基本は以上^^)ノ

 例として、深度MMEの「XDOF.fx」をいじってみます。
 起動したfxSlider.exeへ「XDOF.fx」をドラッグ&ドロップします。



 おおー
 こちらも色の変更+他にも出てきました。

 色はパレットで変更できるのでしょうか?
 赤紫色のバーをダブルクリック。

 出てきた窓の中の「」をクリック。



 出た出た(^▽^)

 では、次にこのツールでも
 水面エフェクト(屋内用)から 「MirrorWater_low.fx」をドラッグ&ドロップしてみましょう。 
 


 あちゃ(ノ▽`)
 エラーがでました。

 水面エフェクトは、どちらのツールでも読み取れない、
 独自の文章を使っているということでしょうか~。

 なるほど~。

 ちなみに「MirrorWater_low.fx」を読み込むため、
 一度閉じて再起動したのですが、

 なんと、XDOFフォルダ内に「XDOF.fx.backup」がΣ(゜▽゜)

 自動でバクアップを取っておいてくれるのですね~。
 ありがたい~!

 以上、2つのツールのご紹介でした。
関連記事

(記事編集) http://akatonboaka.blog86.fc2.com/blog-entry-87.html

2012/01/22 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【MME】MMEのパラメータ書き換えツール(便利品)

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。