MMDのblogあかとんぼ(akatonbo)のMMDに関するBlogです。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://akatonboaka.blog86.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【AviUtl導入その1】MMXとは【CPU-Z】

   ↑  2011/11/06 (日)  カテゴリー: DL&導入
AviUtl導入その1です。

AviUtlを使用するには、MMXが使えるPCでないといけません。
MMXが使えるPCかどうかは、「CPU-Z」というフリーソフトを使用することで
確認できます。
なお、調べなくとも、比較的最近のPCであれば問題ないようです。

それだけのことを確認するために行った調べ物を
まとめました。
長文です~。

とにかくAviUtlを導入されたい方は、
全く読まず次の記事に飛んでください。
【内容】
●MMXについて
●AviUtl
  CPU-Z
   CPU-Z日本語化パッチ
    x32 or x64


                                                     
AviUtlのお部屋
http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/
「AviUtlとは…
 AVIファイルに各種フィルタをかけるツールです。
 簡単な動画編集や各種codecを使って圧縮しながら出力することも出来ます。
 WinXP、Vista用です。MMXが使えるCPUが必要です。」

MMX」・・・(。◕ฺˇε ˇ◕ฺ。)
聞き覚えのない単語です。
MMXが使えるCPUでないと、AviUtlが使用できないそうです。

ぐぐってみました。
MMXとは【MultiMedia eXtension】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典
「Intel社が開発し、同社のマイクロプロセッサであるPentium、Pentium IIに搭載した拡張命令セット。
 浮動小数点演算用レジスタを利用して同時に複数のデータを処理することにより、
 従来DSPが行っていたような音声や画像に関する処理をCPUのみでできるようにしている。
 Pentium IIIからはMMXの拡張であるSSEが搭載されている。
 同種の技術に、AMD社などが推進する3DNow!がある。」

うーん`ヽ(゚ε゚ゞ)
単語の意味が分からないため、
文章全体がよく分からない・・。

要約、要約!

つまり
「MMX」=Intel(Pentium、Pentium II)に搭載されている「拡張命令セット」。
「SSE」=Intel(Pentium III)から搭載されているMMXの拡張版。

ということは
「Pentium」「Pentium II」「Pentium III」があるPC=MMX使用可能なPC。

じゃ、私のPCにPentiumがあれ(?)ばOK?(・▽・)

こんな時のwikipedia頼みです。
Pentium」とは(´▽`)

Intel Pentium (1993年)
「Pentium(ペンティアム)は、インテルが1993年5月から出荷を開始した、
 x86アーキテクチャのマイクロプロセッサ(CPU)ファミリーのブランド名である。」

へ・・へー?(・▽・;)

なんとなーく
「Pentium(ペンティアム)」=Intelの「マイクロプロセッサ(CPU)」
ということぐらいしか分かりません。
えっこんなので大丈夫?<(´д`<;)

一番下の「関連項目」にある表を見てみます(・▽・)
「インテルのマイクロプロセッサ」
「現行」
x86-32/64(32/64ビット)
EP80579 ·Atom ·Celeron ·Pentium Dual-Core ·Pentium (2010年) ·Core 2 ·Core i3 ·Core i5 ·Core i7 ·Xeon

あっ「Core」は、PCを購入する際に
調べた覚えがあります。
知ってる単語が出るとちょっと安心。

Intel Core i3
 「Intel Core i3(インテル コア アイスリー、以下 "i3")は、インテルが2010年1月に発売した、x86命令セットを持つCPU用のマイクロプロセッサの製品名およびブランド名。」

Intel Core i5
「Intel Core i5(インテル コア アイファイブ、以下 "i5")は、インテルが2009年9月に発売した、x86命令セットを持つCPU用のマイクロプロセッサ。」

Intel Core i7
「Intel Core i7(インテル コア アイセブン、以下 "i7")は、インテルが製造する、x86命令セットを持つCPU用のマイクロプロセッサである。」

   

Core i3-7 = x86のマイクロプロセッサ(・▽・)

個々の単語の意味はよく分かりませんが、
ペンティアムに戻って。。

Pentium III
「Pentium III(ペンティアム・スリー)は、インテルが1999年2月に発売した第6世代x86アーキテクチャの
 マイクロプロセッサ(CPU)。」

あ、繋がりました。
①「Pentium(ペンティアム)」=x86アーキテクチャのマイクロプロセッサ(CPU)
②「Core i3、Corei5、Core i7」=x86命令セットを持つCPU用のマイクロプロセッサ

①②より、Core i3、Corei5、Core i7=Pentium(ペンティアム)?(●´∀`)ノ
そして、最初に戻って、
「MMX」=Intel(Pentium、Pentium II)に搭載されている「拡張命令セット」なので
Corei3・i5・i7は、おそらくMMXが使用可能!

ハーハー(;´ρ`)
計算式か国語の文法問題を解いているようです。

皆さんこんなこと調べられ・・ないですよね~
もうただの意地・・。

■動画エンコとフリーソフトぼくんちのTV 別館
 動画エンコの定番フリーソフト、AviUtl
 http://freesoft.tvbok.com/freesoft/encode/aviutl.html
「作動環境は、MMXが使えるCPU(今時のPCなら大丈夫です)、
 Win2000、WinXPです。」

あ、今時のPCならOKだったのか・・(´▽`)
なるほろ。

しかし、2002~2003年のことらしいですし

上の私のメモの結論もたぶん大丈夫~という状態なので

本当にMMX、SSE等が自分のPCにあるのか調べられたいという
熱意に溢れる方向けの説明はこちら。


動画編集・変換・再生の備忘録 AviUtlのインストール
「CPUがMMX,SSE,SSE2を使えるか調べるためには、
 フリーソフトの「CPU-Z」をダウンロードして実行するのが一番確実だと思います。
 実行するとCPUタブのInstructionsの項目に使える場合は表示されます。

 調べるためだけにソフトを入れるのが嫌な方は、
 Googleで「CPUの名前+MMX|SSE|SSE2」で検索してみてください。情報があるかもしれません」

フリーソフトの「CPU-Z」君がきたっ^^)ノ
このソフトは、
グラフィックカード、マザーボード、メモリ等の情報を表示するソフトウェアです。

上記サイトのDLリンクが切れていたので。
■CPUID
http://www.cpuid.com/softwares/cpu-z.html#directiontouse
ページ右側の柱の「Download latest release」
の紫色のツールです(・▽・)

H23/11/6現在の最新は1.58 setup です。
english
chinese
があります。


とりあえずenglishでいいや。
クリック後、次のページで、目立つ中央の紫の「Download now」のボタンを押すと
CPU-ZのDLが開始します。



なお、CPU-Z君は海外ツールなので
日本語化パッチをお勧めします。

■さよならストレス
CPU-Z 日本語化
http://d.hatena.ne.jp/wwwcfe/20100325/cpuz

注意事項があります。
「パッチには 32ビット版向けと64ビット版向けがあります。
 英語版をダウンロードした後、cpuz.exe または cpuz64.exe のあるフォルダで適当なパッチを当ててください。」

ほほう(・O・)
パッチをあてるには、
PCがx32か、x64かを調べないといけません~。

だんだん自分が何をしているのか
分からなくなってきました(´▽`)

こういうよく分からない手間には、心が折れますね。

■本家Microsoftサポート
自分のパソコンが 32 ビット版か 64 ビット版かを確認したい
http://support.microsoft.com/kb/958406/ja

Win7向けのサポートページですけど、
「Windows Vista や Windows XP の場合もほぼ同じ手順で確認できるよ。」
だそうです(´▽`)

32か64かを確認できましたら、
CPU-Zをインストールします。

私がDLしたのはこちら
cpu-z_1.58-setup-en.exe

ダブルクリック→実行
Next
Iaccept the agreement
Next
 ここでインストールするフォルダを指定します。
 後から日本語化パッチをあてるため、
 インストール場所を確認しておきます。
 何も触らなければ、通常は「CのProgramFilesのCPUIDのCPU-Z」です。
 私はそうでした。
Next
Next
 「Install the Ask Toolbar」
 ツールバーはいらん(゜□゜)


 ちなみに、一番上のチェックを外すだけで、全てのチェックが外れます。
Next
 「Create a desktop icon」
 使用頻度は高くないと思いますので、
 デスクトップにアイコンは作りません。
 チェックを外します。
Next
「本当にいいですか?」の内容確認
 いいよ!
Install
 Viewcpuz_readme.txtにチェックが入っています。
 英文のりどめ分かるかな~(・・;)
 一応見てみますか~
 チェック入れたままで。
Finish
 りどめ開きましたが、さっぱりでした。
 すぐにとじます。

で、次は日本語化パッチ。
cpuz158_ja パッチの中は
 ins (フォルダ)
 zip (フォルダ)
 Readme

日本語化パッチのりどめを読んでみます。
備考の内容は、先ほどHPの注意事項にも載っていました。
重要ですね。

インストーラーを使用して CPU-Z をインストールした場合、Installer フォルダ
から、zip ファイルを展開して CPU-Z をインストールした場合、 Portable
フォルダから、それぞれ適切なパッチを選択して当ててください
。」

私は.exeを起動したので、インストーラー使用パターンです!
 insフォルダの中身
  32bit
  ia64
  x64
な、なんと・・64がつくファイルが2つあります!
ど、ど、どどっち!?
((T.T; )(; T.T))おろおろ・・

■教えて!goo
x64とIA64の違い
 No.3
「IA64のソフトは普通の販売店で売っていることはないです(私は見たことがない)
 IA64のCPUを買う場合は、インテグレータやメーカと構成打ち合わせを密にするので、間違う可能性は少ない気がしますね」

 No.1
「IA64は、Itaniumと呼ばれる64bitCPUノことです。
 IPF(Itanium Platform Family)と呼ばれることもあります。

 x64はPentiumやXeonと呼ばれるCPUのことです。
 もともと32bitのCPUのアドレス空間を64bitに拡張したものです。
 参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fsys/keyword/017codename2006q1/017codename2006q1.html

この参考URLの内容は、私にはちょっとハードみたいです・・
とにかく、ia64は普通に売られていない、特殊なソフトということで
おそらくx64でいいと思うんですが・・・。

■教えて!goo
amd64,ia64,x64,x86の違い

■YAHOO!知恵袋
x86 x64 IA64 って?

うーんうーん
x64にします。

で、これどうするんでしたっけ。

りどめ
 インストール
  [ソフトウェア名] のインストールフォルダに書庫内の [ファイル] (パッチ) を
  コピーして実行します。

CPU-Zファイルへコピー&ペーストします。


早速x64日本語化パッチを
ダブルクリックで起動。

コンピュータへの変更を許可
→正常終了「OK」

早っ(゜□゜)

で、CPU-Z.exeを起動します。
おおおおおお
出ました!

で、何を調べていたんだっけ(・▽・;)

あ、MMXがあるかどうかですよ。
画面中央の「命令」項目。
MMXや、SSEという単語が・・・あったー!


ちなみに、見本はHPのものなので
日本語化されていません。

ふうorz


次回へ続く
関連記事

(記事編集) http://akatonboaka.blog86.fc2.com/blog-entry-45.html

2011/11/06 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【AviUtl導入その1】MMXとは【CPU-Z】

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。