MMDのblogあかとんぼ(akatonbo)のMMDに関するBlogです。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://akatonboaka.blog86.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【MME】AlphaEye(髪の毛透過し目が見えるエフェクト)を試す

   ↑  2012/01/28 (土)  カテゴリー: 髪の毛透過(AlphaEye)
「AlphaEye(アニメや漫画で見られる目が髪の毛を透過するアレ)」を試します。

【MMD】目が髪の毛を透過するアレ 作ってみた【MME】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13836646

作者はビームマンPさんです。

DL:http://www43.atwiki.jp/beamman/

一見難しそうですな使い方ですが
動画の説明がわかりやすく、すぐ成功(^▽^)

ファイルをDLし、解凍します。
まずは使い方.txtから。

---使い方---
1.適用したいモデルにAlphaEye.fxを適用します
2.エフェクト割当、BaseRT、AlphaRTにて、透過させたい物(例:髪の毛)のサブセットを非表示にします
3.AlphaRTにて、抜ける部分(例:目、まゆげ)にAlphaMask.fxを適用します(初期状態ではDefMask.fxが適用されています)
4.AlphaEye.fx内、AlphaParamを0~1に設定 もしくは、モデルに 透過用 という名前のモーフを追加します
5.できたー

具体的な使い方は、動画で説明されています。
以下メモ&画像。

まず、適当なモデルを読み込み、
MMEを適用していきます。

1.適用したいモデルにAlphaEye.fxを適用します
 MMD右上「MMEffect」→「エフェクト割当」→適用したいモデル名をダブルクリック
 ファイル選択画面が開きますので、「AlphaEye.fx」を選択します。

2.エフェクト割当、BaseRT、AlphaRTにて、透過させたい物(例:髪の毛)のサブセットを非表示にします
 エフェクト割当画面を見ると、「BaseRT」、「AlphaRT」というタブがありました。
 へ~。初めて知った(゜□゜)

目2

モデル名を右クリックでサブセット展開し、
透過させたい物(例:髪の毛)のサブセットを非表示にします。
たとえば今回MMEを適用する咲音メイコさんの場合、髪の毛の材質は6番です。
6のチェックを外しました。

目3

3.AlphaRTにて、抜ける部分(例:目、まゆげ)にAlphaMask.fxを適用します
 (初期状態ではDefMask.fxが適用されています)
 ふむふむ。「AlphaRT」だけ、「AlphaMask.fx」を適用ですね。
 「AlphaRT」タブを開き、サブセット展開された材質の中から、
 該当する材質をそれぞれダブルクリックし、「AlphaMask.fx」を適用します。
 
 ちなみに咲音さんは1,7,9(まゆげ),10、13。

目4

4.AlphaEye.fx内、AlphaParamを0~1に設定 もしくは、モデルに 透過用 という名前のモーフを追加します
ふむ~。
PCのメモ帳を起動。
AlphaEye.fxをドラッグ&ドロップします。

//透過率 0.0~1.0(設定用モーフが存在する場合、モーフの値と加算)
float AlphaParam = 0.25;

//透過率設定用モーフ ここの"透過用"を任意モーフ名に変更すればそれに追従
float AlphaMorph : CONTROLOBJECT < string name = "(self)"; string item = "透過用"; >;

「透過率設定用モーフ」というものは、モデルに「透過用」というモーフを作っていれば
モーフで自在に透明度を変更できるそうです。

PMDエディタでモーフの設定などが必要になるのかな?
モデル毎に追加が必要かな・・
決まった子を使う場合作っておいてもよいかも。

とりあえず置いといて、
まずfloat AlphaParam = 0.25の値を変更してみました。
メモ帳を上書き保存します。

逶ョ5_convert_20120128225545

float AlphaParam 値が小さい =透明に近づく
float AlphaParam 値が大きい =透けない

なるほど^^)ノ
 
【メモ】
モデルの透かす部分(まゆ、目など)は
材質単体であることが望ましい。

例:白目と白色の服が、材質結合されている場合
  →服も透ける。(実際、髪の毛に透けても問題はなさそうですが)

材質結合モデルで目のみ透けさせたい場合は
PMDエディタで材質分離が必要になりますが
髪の毛があまりかからない、又は透けても影響ない部分ならわざわざ分離は不要かな・・

以上^^)ノ

(記事編集) http://akatonboaka.blog86.fc2.com/blog-entry-102.html

2012/01/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【MME】AlphaEye(髪の毛透過し目が見えるエフェクト)を試す

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。